三浦春馬さん主演「キンキーブーツ」特別映像公開「ローラの輝きがいつまでも残りますように」

[ 2020年10月27日 14:43 ]

三浦春馬さん
Photo By スポニチ

 7月に急逝した俳優の三浦春馬さん(享年30)が主演したミュージカル「キンキーブーツ」の特別映像が完成したことが27日、作品の公式ツイッターで発表された。

 公式ツイッターでは「この度、キンキーブーツ本編のパフォーマンス映像を盛りこみました特別映像 Kinky Boots Haruma Miura Tribute movie が完成しました」とYoutubeのリンクとともに文書で報告した。

 映像について「当初ブロードウェイチームから許可された上限である12分のパフォーマンス映像と、ブロードウェイチームから寄せられたコメントを加えて15分程度の特別映像と想定していましたが、クリエイティブスタッフの皆様から寄せられたメッセージを全て収録、さらに2018年の1月のキンキ―ブーツの上演されていたニューヨークのAl Hischfeld劇場にて収録された三浦春馬の未公開映像なども盛り込み、20分強の映像となりました」と説明。さらに「なお、コメントをくださったクリエイティブスタッフは、作詞作曲のシンディ・ローパー、演出のジェリー・ミッチェル、編曲のスティーヴン・オリムス、そして日本版上演にあたり、日本人キャストと1カ月半に及ぶ稽古を共にしたアソシエイトディレクターのD.B.ボンズ、アソシエイトコレオグラファーのラスティ・モーワリーの皆様になっております」と補足した。

 「この映像を実現するにあたって特別な許可をくださり、インタビュー映像も含めてご尽力いただきましたブロードウェイのキンキ―ブーツカンパニーのご厚意と友情に心から感謝申し上げます」と記した。

 最後は「皆さまの心に、三浦春馬さんのローラの輝きがいつまでも残りますように」と締めくくった。

 映像は「春馬はいつまでも『キンキ―ブーツ』ファミリーの大切な一員です。彼のご家族 そして彼が愛した方々へ心よりお悔やみ申し上げます。春馬は皆さんの心の中に生き続けるでしょう」というメッセージで始まり、リハーサルやステージ、
三浦さんの笑顔や真剣な表情があふれた特別映像となっている。

 三浦さんは16年に、俳優の小池徹平(34)とダブル主演した「キンキーブーツ」でミニスカート&ハイヒール姿のドラァグクイーン・ローラ役を熱演し、ミュージカルの才能が開花。19年にも再演しており、三浦さんの代表作の1つとなった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月27日のニュース