「エアガール」1期生 広瀬すず 制服の着こなしは完璧!

[ 2020年10月27日 05:30 ]

来春放送のテレビ朝日スペシャルドラマ「エアガール」で、戦後初のキャビンアテンダント女性を演じる広瀬すず
Photo By スポニチ

 女優の広瀬すず(22)が、テレビ朝日で来春放送予定のスペシャルドラマ「エアガール」で、戦後日本で初めてキャビンアテンダント(CA)になった女性を演じる。同局のドラマでは初の主演。

 第2次世界大戦後、GHQに航空活動を一切禁じられる中で、日本人の手で航空事業を立ち上げた史実をベースにした物語。広瀬は戦争で天涯孤独となりながら「エアガール」の1期生として採用され、ひたむきに頑張る女性を演じる。

 劇中では、昭和を感じさせるレトロな制服姿を披露。「衣装合わせで着てみた時、役柄のイメージが広がったので凄く安心しました」と着こなしはバッチリ。「日本にかつてこんな物語があったんだと、知ってもらえる機会になったらうれしい」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月27日のニュース