千原せいじ、チュート徳井の復帰「早すぎる」に反論「追徴課税払った。それ以上どうせえっていうの?」

[ 2020年10月24日 13:34 ]

千原せいじ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原せいじ(50)が24日放送の関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)に出演。昨年10月に東京国税局に申告漏れを指摘されたことにより芸能活動を自粛していた「チュートリアル」の徳井義実(45)が、約1年ぶりにテレビ番組にレギュラー復帰したことについてコメントした。

 スタジオでは、1年でのレギュラー復帰に「早すぎる」などの厳しい意見が。そうした中、せいじは「かばうわけでも何でもないけど、俺の意見ね」と前置きし、「プロの国税が刑事事件に値しないと決めて、それで追徴課税を払いました、それ以上どうせえっていうの?徳井からしたら、次、何したらええの?」と反論した。

 「追徴課税払って、それ以上何もコイツはしようがないんやから、バリバリ仕事させて納税させるしかない。国税が刑事罰に値しないと決めたんやから、それをガチャガチャ言うのは違うと思う」と持論を述べた。

 徳井は今月14日放送の日本テレビ「今夜くらべてみました 2時間スペシャル」に約1年ぶりに出演。スーツを着用して神妙な面持ちで、視聴者やスタッフに向けて謝罪した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月24日のニュース