長嶋一茂 巨人・原監督との不思議な思い出「俺は信じてる 原さんは雲を消せる人なんだ」

[ 2020年10月24日 11:16 ]

長嶋一茂
Photo By スポニチ

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(54)が23日放送のテレビ朝日「ザワつく!金曜日」(金曜後6・45)に出演。プロ野球・巨人の原辰徳監督(62)との不思議な思い出を明かし、「原さんは雲を消せる人なんだ!」と豪語した。

 ゲン担ぎについてトークする中、「これ、放送できるか分からないけど」と切り出し、原監督とドライブをした際の思い出を語り出した。

 長嶋によると、原監督が「一茂、お前、あの雲見てみろ!今から消すから!」と空に浮かぶ雲を指したといい、「あの雲のイメージをこの中に入れるんだ!」と、胸の前で手を上下に構え、ハンドパワーを送るようなポーズをしたという。「(原監督が)ずーっとやってたら本当に雲が消えてた」といい、長嶋は「うそじゃないのよ。俺は原さんってそういうパワー、絶対あると思ってるんだよね」と力を込めた。

 スタジオから笑いが起こる中、進行のお笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(44)が「原さんがパワーがあるのか、からかわれてるのか、どっちか」とイジると、長嶋は「からかわれたんじゃねぇんだよ。俺は消えたと思った。俺は信じてるんだから、25、6年前以上のことだけど、原さんは雲を消せる人なんだ!」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月24日のニュース