片岡仁左衛門、歌舞伎俳優の知名度アップ“半沢直樹”効果に期待

[ 2020年10月24日 05:30 ]

国立劇場11月歌舞伎公演「彦山権現誓助剣」の取材会に出席した片岡孝太郎(左)と片岡仁左衛門
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の中村吉右衛門(76)、片岡仁左衛門(76)らが23日、都内で東京・国立劇場の11月歌舞伎公演の取材会に出席した。吉右衛門は悲劇の名作として知られる第1部「平家女護島(へいけにょごのしま)」に出演。「コロナのことも、苦しいことも忘れていただく。それができたら」と意気込んだ。

 第2部「彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)」に出演する仁左衛門は、TBSドラマ「半沢直樹」のヒットで歌舞伎俳優たちが注目を集めていることに「歌舞伎をやっている人だと分かってもらえるのは良いことです」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月24日のニュース