仲間由紀恵 双子の2歳息子に「見せないようにしてる」ギャグとは「それ、ずっとされるとね」

[ 2020年10月24日 13:55 ]

女優の仲間由紀恵
Photo By スポニチ

 女優の仲間由紀恵(40)が24日放送のテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)にゲスト出演。18年に出産した双子の息子たちに見せないようにしてる芸人を明かした

 仲間は2歳になる息子たちについて「元気いっぱいだし、2人とも乗っかってきますから、押さえつけお世話をするみたいな」と苦笑。「朝4時とか5時に起きて、子供たちの準備して。昔だったら寝ますけど、今は無理なので、ほぼ子どもたちの時間。皆さん、そうやって、お仕事しながら(子育てしている)」と話した。

 現在はドラマ「24 JAPAN」(金曜後11・15)の撮影と子育てを両立する日々を送っている。仲間は「これはもう周りの協力なしにはできない」としつつ、「保育園に行かせてもらっていて、保育園に送る時間、迎えに行く時間の間だけでできる仕事をさせてくださいってやらせてもらっている」と明かした。

 特につらいのはせりふ覚えだといい、「せりふは料理を作っている間に台本を置いてとか、保育園に歩いて送りに行って、帰ってくる何分かの間に歩きながら覚えたり。間にちょこちょこちょこちょこ、覚える」。映画で共演経験のある、番組MCの中居正広(48)は「仲間さんは完璧に(せりふを)入れたい方だと思う。現場には台本を持たないで。結構入れるの大変じゃない?」と問いかけると、「(覚えるのは)時間かかるし、撮影がなくて、子どもたちを預けている時は歩いて覚えるんです」と話した。

 すでに2人とも「11、2キロある」といい、「一卵性なので(顔は)似てはいますけど、見てれば分かりますよ。性格は全然違います。長男の方がおっとりしているし、慎重派、怖がりというか。次男は物おじせず何でも突進していく。不思議ですよね」としみじみ。中居は「“幽体離脱!”とかやるんですか?」とお笑いコンビ「ザ・タッチ」のギャグを持ち出してニヤリ。これには、仲間は「それだけは見せないようにしてるんです。それは覚えられたらもうなんか…できるギャグってこれしかない」と必死の否定。スタジオから「かわいいじゃないか!」との声が出たが、「ちっちゃい頃はかわいいんでしょうけど、それ、ずっとされるとね…」と困り顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月24日のニュース