渡辺3冠が解説 豊島竜王の粘りに藤井2冠が“ミスった”108手目が勝負の分かれ目

[ 2020年10月6日 05:30 ]

第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

渡辺明王将=名人、棋王の3冠
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグが5日、大阪市の関西将棋会館で行われ、藤井聡太2冠(18)=王位と棋聖=が、豊島将之竜王(30)=叡王と2冠=に171手で大逆転負けを喫した。過去の対戦成績が全敗の天敵に6連敗。リーグ戦も2連敗スタートとなり、崖っ縁に立たされた。

 リーグ唯一の複数冠同士対決を渡辺明王将(36)=名人、棋王の3冠=が解説した。勝負の分かれ目として藤井優勢で進めた終盤、豊島の粘りに誤った藤井の寄せを挙げた。(構成・筒崎 嘉一)

 熱戦でした。特に中盤は内容が濃く、52手目の△8五歩が藤井2冠らしい強手で流れを引き寄せました。あのまま藤井2冠が勝っていたら、この一手を挙げるつもりでした。

 60手目あたりから藤井2冠が優勢で、決め手がありそうな局面。詰将棋解答選手権5連覇の実績が示す終盤力を誇る藤井2冠です。ところがなかなか土俵を割らない豊島竜王の粘りに焦ってきた。

 そのこと自体、あまり見たことがない。少なくとも、私との対局では見なかった藤井2冠の姿でした。

 勝負の分かれ目として挙げたいのが107手目▲1五角(A図)の直後。藤井2冠は△1九金と豊島陣の香を取りましたが、ここは△3九飛が有力で以下、先手にも▲3七歩の粘りがあって簡単ではないものの、後手の勝ち筋でした。

 ▲1五角の時点で藤井2冠には3分、残り時間がありましたから、読み切るのだろうと思って見ていました。終盤で抜け出したらそのまま押し切ることが多いですし、苦手意識というのもあるのでしょうか。

 特に注目度の高い藤井2冠の対局ですから、皆さん連敗していることは報じる。過去5連敗はインパクトのある数字だし、本人も気にしていたと思う。それを払拭(ふっしょく)するためにも早く1勝を挙げたかったでしょう。いつか途切れるのでしょうが、続いている間はプロ同士でも、相性は気になるものです。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月6日のニュース