「サンドウィッチマン」なのに米をPR 伊達みきお「全然、変えますよ」改名に抵抗なし

[ 2020年10月6日 12:24 ]

「みやぎ米」説明会、新CM発表会に出席した「サンドウィッチマン」の(左から)伊達みきお、富澤たけし
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」が6日、都内で行われた宮城県のブランド米「みやぎ米」の説明会、新CM発表会に出席し、伊達みきお(46)がコンビ名の改名にまったく抵抗がないことをアピールした。

 16年からみやぎ米のメッセンジャーを務める2人。ブランド米「だて正夢」にかけ、「正夢になってほしいこと」を問われた伊達は、「このキャラクターを狩野英孝に取られないようにしたい。あいつも宮城なんでね。あと『パンサー』の尾形(貴弘)とか」と、同郷の芸人の名を挙げて笑わせた。ただ、好感度No・1タレントらしく、「まあ、普通にしてれば大丈夫だと思いますけどね」と余裕の口ぶりだった。

 この日はブランド米のPRイベントながら、コンビ名は「サンドウィッチマン」。結成当時は3人組だったことから付いた名前だが、報道陣から突っ込まれると、伊達は「全然、変えますよ。これ(PR)をやらせていただければ。前も『おにぎりマン』に変えたんですよ。1日だけ」と改名にはまったく抵抗のない様子だった。

 さらに報道陣から「改名したら、狩野英孝さんにはこの枠は渡さない?」と確認されると、伊達は「変えないといけないことですかね?そんなに手強くない」と狩野をいじりつつ、「あいつこそ、芸名を“みやぎ米”にすればCMも来るかも」とアドバイスしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月6日のニュース