王将戦の勝負メシはガッツリ系 藤井2冠「ハンバーグ&海老フライ」、豊島竜王「ローストンカツ」

[ 2020年10月6日 05:30 ]

第70期王将戦 挑戦者決定リーグ

藤井聡太二冠の昼食、ハンバーグ&海老フライ盛り合わせ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)=名人、棋王含め3冠=の対戦相手を決める挑戦者決定リーグが5日、大阪市の関西将棋会館で行われ、藤井聡太2冠(18)=王位と棋聖=が、豊島将之竜王(30)=叡王と2冠=に171手で大逆転負けを喫した。

 藤井が昼食休憩で“勝負メシ”に選んだのは「ハンバーグ&海老(エビ)フライ」、豊島は「ローストンカツ」(共に900円)だった。両対局者とも関西将棋会館1階にある洋食「イレブン」のもので、2種類あるサービスを別々にオーダー。王将戦には夕食休憩がないためガッツリ系を選んだようだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月6日のニュース