和田アキ子、ラジオ生放送に復帰「もう本当に元気です」 外出控え「ワインを10本空けた」

[ 2020年8月22日 11:32 ]

和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手でタレントの和田アキ子(70)が22日、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に復帰した。

 体調不良で前週の同番組のスタジオ生出演を見合わせていた和田。この日は、「もう本当に、スタッフの皆さん、そして、リスナーの皆さん、関係者の皆さん、ご心配おかけしました、申し訳ございません」と謝罪しつつ「もう本当に元気です」と回復をアピール。「一応、大事をとって、生放送『アッコにおまかせ』と『いいかげんに1000回』をお休みしてくださいってことで、結構、大変でしたね。元気なのに」と苦笑した。

 和田は13日、朝から病院に行き、会社で歌の練習、ボイトレを行い、帰宅してから、散歩がてら買い物に出たところ、猛暑でかなり汗が出たので、そのまま帰宅。体調不良をマネジャーに伝えたところ、検温も問題がなかったが、念のため、PCR検査を受けることになったという。「ホリプロからも感染者が出たりして、すごくナーバスという。役者さんなんかもお芝居ができなかったり大変で、私の場合は高齢者ですから。昔、思いっきりタバコを吸っていて、肺の病気が多い。自然気胸もやったし、肺気腫もやってるし、何かあったら、ちょっとでもおかしかったら言ってくださいってよく言われていて、それがあったらすごい早い対応だった」と説明。翌14日の朝、PCR検査を受け、陰性と判断され、「ああ、良かった!」と安どしたことを明かした。

 番組を欠席した手前、陰性が判明した後も、外出は控えるよう言われたといい、「どうしようと思って、私の中ではお酒飲むことしか考えられなかった。先週の金曜日からワインを昨日まで10本空けてます。だって、熱もないし、どこも悪くないのよ」とボヤキ。「本当に元気だから、テレビ見て一人でツッコんでいた。峰(竜太)くんが楽しそう、楽しそう…。このラジオも君(垣花アナ)も伸び伸びやってたね」といじった。

 ともあれ「ちょっとでもおかしいと思われたら、年齢に関係なく、どなたかにご相談されて、早めの処置をしていただきたい」と訴えた。

 和田は15日放送の同番組のスタジオ出演を見合わせ。翌16日のTBS系「アッコにおまかせ」(日曜前11・45)の生放送も12年ぶりに欠席していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月22日のニュース