森光子さんと時空を超えた「放浪記」 岡本健一&上白石萌音が“共演”実現

[ 2020年8月22日 05:00 ]

合成技術により「放浪記」で共演した、森光子さんと岡本健一(左上)、森光子さんと上白石萌音(左下)、番組に出演する(中列上から)森光子さん、東山紀之、井上芳雄、(右列上から)黒柳徹子(撮影:下村一喜)、堂本光一、浜木綿子
Photo By 提供写真

 女優の森光子さん(享年92)生誕100年記念番組「森光子生誕100年~放浪記 永遠のメッセージ~」(28日、後10・00)がNHKBSプレミアムで放送される。

 番組では時空を超えた共演が実現。森さんの代表作「放浪記」に岡本健一(51)と上白石萌音(22)が合成技術を使って初出演する。

 主人公の初恋の男を演じる岡本はかつて何十回も舞台に足を運び、出演を熱望。「この場面をやりたいと思っていたので、実現できてありがたい。墓前に報告しました」と喜んだ。番組では、森さんについて黒柳徹子(87)や東山紀之(53)らが証言。同局の「放浪記 奇跡の2000回」(30日前0・15)では、2000回公演が完全放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月22日のニュース