杉本彩 略奪愛は未経験「人は見かけによらないんですよ」

[ 2020年8月22日 13:40 ]

女優の杉本彩
Photo By スポニチ

 女優・杉本彩(52)が、22日放送の読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に出演し、妻子持ちの男性を奪う“略奪愛”の経験がないことを告白した。

 番組では東出昌大(32)と唐田えりか(22)、「アンジャッシュ」渡部建(47)ら、今年になって相次いで発覚した芸能界の不倫騒動を特集。妖艶な雰囲気と出演作での役柄のイメージからか、MCの落語家・月亭八光(43)から「不倫の専門家、ご存じかと思いますが、杉本さんにも…。聞いたことないですけど、絶対若い時、不倫してるじゃないですか?妻子持ちの(相手と)」と質問をぶつけられると、杉本は「私が?」と驚いた。

 杉本は「人は見かけによらないんですよ。言っちゃ悪いんですけど、そのパターンはない。本当に妻子持ちは、1回もない」と強調した。一方で、「私が『どっちの方にしようかな?』という、ちょっとした迷いがあった時期は若い時にはあるけど」と、若かりしころのモテモテ話を披露。すると今田耕司(54)は「それをしてただけやん、俺かて…。彼女もおれへんのに、『この子もええなあ』と思ってた子とか、連絡を取られへん」と、奥手すぎて数々のチャンスを逃してしまったエピソードを明かし、笑わせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年8月22日のニュース