安藤和津さん 2人の娘のサバイバル子育て論披露、31日生島ヒロシラジオ番組出演

[ 2020年7月30日 19:22 ]

ユニークな子育て論を披露した安藤和津さんと生島ヒロシ
Photo By 提供写真

 タレントでエッセイストの安藤和津氏(72)が、31日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食/一直線」(月~金曜前5・00)の収録に出席し、2人の娘の「サバイバル女子子育て論」を披露した。

 長女・安藤桃子さん(38)は映画監督、次女・安藤サクラ(34)は女優として活躍中だが、「(勉強の)成績は捨てました。もちろん向き合い、努力することは大切ですが…。それよりは瞬時の判断力、感性を磨き、生き残る力を養いました」と安藤。

 新型コロナによるステイホーム中は本を買い込み読書ざんまいの予定だったが、夫で俳優・奥田瑛二(70)の映画のロケハンに同行し、桃子さんが移り住んでいる高知の家で“足止め”となった。

 5歳の孫を含む“3世代同居”は、朝・昼・晩の3食の準備・後片付けに加え、洗濯や掃除に追われ「ババ(自分のこと)は大変でした。アッという間の2カ月。1ページも読めませんでした。人生甘くないですね」と笑う。

 そのほか、サクラが嫁いだ芸能一家・柄本ファミリーや老後の話など、ユーモアを交えてトークを展開した。8月7日も出演する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月30日のニュース