三浦春馬さんMC 生前収録「せかほし」急逝後初のレギュラー放送 再放送に続きテロップで追悼

[ 2020年7月30日 22:30 ]

NHK「世界はほしいモノにあふれてる」のMCを務める三浦春馬さん
Photo By スポニチ

 俳優の三浦春馬さん(享年30)がMCを務めたNHKの紀行番組「世界はほしいモノにあふれてる」(木曜後10・30)が30日、今月18日の急逝後、レギュラー放送として初オンエアされ、冒頭、「三浦春馬さんが7月18日にお亡くなりになりました 番組を応援してくださった多くの皆さんとともに心より感謝と哀悼の意を表します」と約13秒、追悼テロップが映し出された。三浦さんが生前収録した新作はこの日を含め、3回。残り2回は8月20、27日に放送される。

 20日深夜の再放送も冒頭、「番組MCをつとめる三浦春馬さんがお亡くなりになりました 謹んで哀悼の意を表します」と追悼字幕。先週23日は祝日編成のためオンエアがなかった。この日は世界の食をめぐる特別編「キッチンから世界旅行」。トルコの絶品ナス料理や南国フィジーのマリネなどを紹介した。

 三浦さんはMCコンビを組むJUJUとアクリル版を挟み、スタジオに登場。旅の思い出深い料理について、2018年9月17日に放送されたフランス・サヴォワ地方のチーズフォンデュを挙げ「本場の味って、こんなに違うんだっていうぐらい、口当たりが濃厚だったし、とっても忘れられない一品になったなと思います」と柔和な笑みを浮かべた。

 今回の料理企画“せかほしレストラン”が気に入ったようで、ラストには「すぐ開催してほしい」と語っていた。

 番組は20日、公式サイトに追悼メッセージ。「世界はほしいモノにあふれてる一同」名義で「ときには自らも旅に出て、世界中のすてきなモノ、そして、それを生み出す職人・デザイナーたちと出会い、その魅力を優しく温かな目で、誠実な言葉で伝えてくれました」と感謝。「ここに、心からの感謝と哀悼の意を表します」としのんだ。

 NHKによると、番組は継続の予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月30日のニュース