山田涼介 ステイホーム中に鍛え上げた“彫刻ボディー”惜しみなく 来月5日発売「anan」で披露

[ 2020年7月30日 04:00 ]

山田が登場する8月5日発売ananの表紙(C)マガジンハウス
Photo By 提供写真

 Hey!Say!JUMPの山田涼介(27)が来月5日発売の女性ファッション誌「anan」(マガジンハウス)で“芸術的ボディー”を披露する。同誌の創刊50周年という節目に、名物企画「愛とセックス特集」に表紙とグラビア12ページにわたって登場。グラビアでは「ロミオとジュリエットのような“身を焦がすほどの切ない逢瀬(おうせ)”」をテーマに、彼女を待ち焦がれる不安な表情やベッドシーン、ずぶ濡れのシャワーシーンなどに挑んだ。

 「“いつでもanan、どうぞ”と言っていた中、まさかのオファーに驚きました」と出演依頼を聞いた時の心情を語った山田は新型コロナウイルス感染拡大によるステイホーム期間から体を鍛え上げていた。さらに撮影10日前からは食事と水分を制限し、自分の体を究極まで追い込んで撮影へ。たくましい胸筋や鼠径(そけい)部、背中のバックラインという彫刻のような芸術的な体が出来上がった。これには編集部も「予想をはるかに超えてストイックにカラダを仕上げていらっしゃった。セックス特集のカバーを飾っていただけて光栄です」とお墨付きを与えた。

 インタビューでは自身の恋愛観やセックス観、ファンの方への愛情などを告白。山田は「生っぽい、普段の山田涼介の色気が出せたらよいなと思っていました。自然体のままで、新しい顔を撮影できたと思っています」と自信を見せた。

 ▼anan「セックス特集」 1989年(平元)に女性の目線でのセックスを特集して支持を得る。その後もメンタルやフィジカルなどさまざまな視点から社会状況を反映しながら掲載し、一年を通じて最大部数を誇る恒例企画に。過去には俳優の向井理や松坂桃李、関ジャニ∞の大倉忠義が表紙とグラビアに登場し、話題を呼んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年7月30日のニュース