坂上忍 木下優樹菜の急展開に「何かあると引退 “もう一般人ですから”って」

[ 2020年7月7日 13:43 ]

俳優の坂上忍
Photo By スポニチ

 俳優の坂上忍(53)が7日、司会を務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、タレント・木下優樹菜(32)の芸能界引退について疑問を投げた。

 今月1日の活動再開表明から5日後の急展開の背景には、くすぶっていた不倫疑惑がある。昨年7月、木下のインスタグラムへの投稿では、先頭の文字を縦に読んでいくと人物の名前の後に「あいしてる」となっていた。これについて坂上は「僕よく分かんないんだけど、縦読みってさ…そんなアホなことやるの!?」と苦笑い。

 一方で芸能界では「ここ数年、引退っていうの本当多くなった」と感じているようで、タレントのヒロミ(55)も「昔はなんか、もうやりきったんで引退します、って感じだったんだけど…」と同調。

 さらに坂上は「何かあるとスコーンと引退となって、“もう一般人ですから”ってやり方が増えてますわね」と指摘しつつも「優樹菜ちゃんの場合は、本人は(芸能活動を)やる気はあったんですよ。本当この数日の間に何かがあったとしか思えないってなっちゃうんだよね」と何度も首を傾げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月7日のニュース