STU48石田千穂、芸能事務所ツインプラネットに移籍「新たな一面をお見せできるように」

[ 2020年7月7日 23:44 ]

STU48石田千穂
Photo By 提供写真

 STU48の石田千穂(18)が7日、芸能事務所ツインプラネット内の女優・俳優セクション「ワイルドプラネット」に移籍することを発表した。

 七夕の夜に、広島港に係留されるSTU48号の船上劇場で、配信限定のソロ公演「ちほほ修行中」~石田千穂生誕祭~を開催。公演の最後にサプライズで発表すると、新事務所でも先輩となるSKE48須田亜香里(28)からの祝福のビデオレターが届き、感激した。

 「新たな挑戦ができること、本当にありがたく、ドキドキワクワクしています。STU48を色んな分野の方に広めていくためにも、自分自身これまで以上に成長し、皆さんに新たな一面をお見せできるように一生懸命頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」とあいさつした。

 ワイルドプラネットとは、鈴木奈々、須田や元AKB48西野未姫、HKT48村重杏奈らが所属するツインプラネットの中に、女優・俳優部署として新設された。2013年ハリウッド映画「X-MEN/ウルヴァリン:SAMURAI」のヒロイン役で女優デビューしたTAOらが所属している。

 ツインプラネットは「今後もSTU48の活動を中心としながら、ソロ活動では女優業にも挑戦していけたらと考えております」とコメント。バラエティータレントとして活躍する須田や西野らとは少し違う路線を予定しているという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月7日のニュース