元夫フジモン、優樹菜を「今後も支える」子育て第一優先…復縁はキッパリ否定

[ 2020年7月7日 05:30 ]

木下優樹菜、芸能界引退

芸能界を引退した木下優樹菜(右)を支えていくと話した藤本敏史
Photo By スポニチ

 元夫の「FUJIWARA」藤本敏史(49)は7日、木下の引退発表を受けて所属事務所のニュースサイト「ラフ&ピースニュースマガジン」にコメントを寄せた。

 離婚後も2人の女児の育児を共同で行っており「木下優樹菜さんが引退を発表されました。私、藤本敏史は、今後も子供たちを含めて支えてまいります」と関係性の継続を強調。続けて「マスコミの皆さまにお願いです。彼女は、本日をもって、芸能人ではなく一般の方になります。子供や家族、近隣の方々の日常生活のためにも、報道にご配慮いただけますようお願いいたします」と、節度ある取材を呼び掛けた。

 フジテレビ「クイズ!ヘキサゴン2」で出会った2人。当時“おバカキャラ”としてブレークした木下の魅力を、藤本は「2人でいて腹を抱えて笑うことが多々ある」と話していた。親友のような関係から家庭を築き、木下が母親へと脱皮できたのは年長者の藤本の“支え”だった。

 それは離婚後も変わらなかった。藤本は3月のテレビ朝日「ロンドンハーツ」では「子供の送り迎えとかあるから、正直毎日会っている」と告白。ただ、復縁についてはたびたび否定。関係者は「全ては子供が中心。木下のフォローをすることが、子育ての充実につながっていくという考え」と話す。

 元妻が引退発表したこの日、藤本は午前中に仕事に臨んでいた。7日は、都内のスタジオでテレビ番組の収録に参加する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月7日のニュース