ミキ・昴生、結腸炎での入院に疑惑発生!?亜生&加藤浩次がツッコミ「これ事件だもん」

[ 2020年7月7日 20:24 ]

「ミキ」の昴生
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、ミキの昴生(34)が7日放送のTBS「この差って何ですか?」(火曜後7・00)に出演。先月、結腸炎を患い入院したことに関連して、共演者から辛辣なツッコミを受ける場面があった。

 昴生の入院は先月14日、所属事務所の吉本興業が発表。本人も同日、ツイッターで「また元気に漫才ができるように少しお休みさせていただきます!」と報告した。22日に退院と仕事復帰をツイッターで伝えていた。

 昴生は、この日の番組の収録合間に上地雄輔(41)から快気祝いの花束を贈られたと告白。一方、番組MCの極楽とんぼ・加藤浩次(51)については、「(上地とは)全然ちゃう、退院しましたって言ったら『もう1回入院しろ』って言われましたもん」と明かし、笑わせた。

 相方で弟の亜生(31)は、兄の入院について首をひねった。「みなさん入院って、結構大ごとになっていたじゃないですか、よう考えたら3日か4日しか入院していないんですよ」と説明した。「それでも入院やないか!」とツッコむ昴生に対し、「入院の日にもう退院の日が決まっていたんですよ。それを自分でも分かっているのに告知しないんですよ、心配してほしいから」と分析、不満顔を浮かべた。

 「3日だけ入院って、言わなかったってどういうことですか?これ事件だもん。自分の入院を“捏造”した事件だよ」と、加藤もイジった。昴生は「捏造していない、言っていないだけ!」と声を大にして抵抗、スタジオの空気を盛り上げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月7日のニュース