千鳥・大悟は“超アナログ人間” スマホのアプリは「1回もインストールしたことない」

[ 2020年7月7日 15:21 ]

千鳥の大悟
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、千鳥の大悟(40)が6日放送の日本テレビ「しゃべくり007SP」(後9・00)に出演し、自身の“アナログぶり”について語った。

 「時代についていけない超アナログ人間」という大悟。くりぃむしちゅーの上田晋也(50)から「今時のことについていけるの?」と問われると、「いけてないです、全く」と返答した。大悟は「あえて昭和感を出してSNSもやっていないとかではなく…自分でも乗り遅れたなっていうのはある」とも漏らした。

 相方のノブ(40)はすかさず「スマホとかも全然使いこなせていないし、アプリっていうのを1回もインストールしたことない。初期にあるやつのみ」と暴露。大悟はうなずきつつ、「ラインとかも(やっていない)。電話、メールで」と明かした。

 昨年11月、大悟はツイッターを開設したがテレビ番組の企画で始めたものだ。これまで「9ツイート」している。

 ノブによると、大悟は昔から流行のものを「あんまり知らない」という。ハイテンションキャラで人気のタレント、フワちゃんがサプライズゲストとして番組に登場した際も、「大悟がボソッと『あれゃ何なん?』って」。彼女の存在を知らなかったため戸惑った様子を見せたそう。「フワちゃん出遅れてみてください、マジであの子何者かも分からんし、何しているかも分からんし!」と、大悟は訴えた。

 YouTubeも最近知ったといい、ノブは「YouTube初めて見ていると思って、後ろからどんな動画を見ているんだろうって覗き込んだら、ヤンキーのあいさつ動画でした」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月7日のニュース