甲斐よしひろ 木下優樹菜のタピオカ騒動に「そこから負の連鎖が 怒涛の感じ」

[ 2020年7月7日 13:10 ]

木下優樹菜
Photo By スポニチ

 歌手の甲斐よしひろ(67)が7日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、タレント・木下優樹菜(32)の芸能界引退について語った。

 タピオカドリンク店のオーナーに恫喝(どうかつ)めいたメッセージを送った問題について、「印象が悪過ぎますよね。“事務所総出で”って言ったところからきていると思うんですけど」と騒動が広がった要因を指摘。これとは別に、木下には男性問題も浮上しており、「さらにもう一つ(トラブルが)あるということになると、かばいきれなくなったんでしょうね」と所属事務所の判断に理解を示した。

 木下は昨年7月、姉が従業員として働いていたタピオカ店を「ゆきなのお姉ちゃんがオープンしました」とインスタグラムで紹介。その後、姉とオーナーとの間でトラブルとなった。これについても甲斐は「まずお姉さんがタピオカ店オープンしました、というところから、もう変じゃないですか。いやいや、(姉は開業)してないしって。そこから負の連鎖がずっと続いたかのように怒涛の感じじゃないですか」と引退までに至った経緯についてコメント。

 「軽い気持ちだったかもしれないけど、一般常識の範疇になってくると、何でああいう言葉遣いから始まったのかな」と首を傾げた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月7日のニュース