ATSUSHI×AI、音楽の世界救う!ミュージシャン支援へYouTubeチャンネル開設

[ 2020年7月7日 05:31 ]

ミュージシャン支援プロジェクトで発起人を務めるATSUSHIとAI
Photo By 提供写真

 EXILEのボーカル、ATSUSHI(40)と歌手のAI(38)が、新型コロナウイルスの影響で収入が減少しているミュージシャンを支援する「Musician Aid Japan Project(MAJP)」の発起人となり、7日にYouTubeチャンネルを開設する。

 チャンネルは一般公開されるコンテンツと月額制で見ることができる映像があり、金額は月1000円を予定。収益は必要経費を除いて、参加ミュージシャンに分配される。

 ATSUSHIらはミュージシャン支援とライブに行くことができないファンに音楽を届けたいという思いから、プロジェクトを立ち上げた。この構想に三代目 J SOUL BROTHERSの今市隆二(33)登坂広臣(33)や、石井竜也(60)らも賛同している。

 ATSUSHIは「演奏することをなりわいとする、僕らの仲間でもあるミュージシャンの方々が本当に困っている状況にある。皆さんの協力が、日本のエンターテインメントの支援につながる」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月7日のニュース