ゆず ぴあアリーナこけら落とし公演の開催を見合わせ

[ 2020年4月3日 14:35 ]

「ゆず」
Photo By スポニチ

 北川悠仁(43)と岩沢厚治(43)による人気デュオ「ゆず」は3日、横浜・みなとみらい地区に開業する予定のアリーナ会場「ぴあアリーナMM」のこけら落とし公演の開催を見合わせると発表した。「ゆず」は4月25、26日にツアー「YUZU ARENA TOUR 2020 YUZUTOWN」横浜公演を行う予定だった。18、19日の広島公演も見合わせる。

 ゆずは公式サイトで「新型コロナウイルスの感染拡大状況と皆様の健康と安全を第一に考え『YUZU ARENA TOUR 2020 YUZUTOWN』4月18日(土)・4月19日(日)広島グリーンアリーナ公演と4月25日(土)・4月26日(日)ぴあアリーナMM公演に関しましても開催を見合わせることとなりました」と発表。「長野、三重、埼玉公演と合わせて振替日程を調整しておりますが、調整がつかない場合は中止とさせて頂く場合もございますので予めご了承ください」としている。

 ゆずは同ツアーに向けて、3月4日に15枚目のアルバム「YUZUTOWN」を発売。雫型フォークデュオ「MIZU」がYouTube Liveを行うなど、話題となっていた。同ツアーは3月28日の長野公演(長野ビッグハット)を皮切りに6月28日の福井公演(サンドーム福井)まで全国13カ所28公演を予定していた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、長野、三重、埼玉公演の開催を見合わせていた。

 ぴあアリーナMMでは5月1、2日に男女5人組のロックバンド「サカナクション」、8~10日にジャニーズJr.の7人組「Travis Japan」、12~14日にアイドルグループ「日向坂46」、17、18日に歌手・水樹奈々、19、20日には英ヘビーメタルバンド「IRON MAIDEN(アイアンメイデン)」が公演を予定している。

 同アリーナの公式サイトによると、「ぴあアリーナMM」はコンサートのために最適化されたアリーナ会場。横浜のみなとみらい駅から徒歩7分の立地条件にあり、1万人規模の会場を民間企業が単独主導する国内初の事例。地下1階、地上4階建ての縦に長いハコ型構造で、ステージと客席の距離が近い点が特徴。座席エリアでの飲食ができ、売店に加えてホスピタリティーラウンジやカフェを併設している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月3日のニュース