乃木坂46白石麻衣 卒業前最後のMステ出演に感慨深げ「本当にたくさんお世話になったな」

[ 2020年4月3日 20:24 ]

乃木坂46の白石麻衣
Photo By スポニチ

 乃木坂46の白石麻衣(27)が3日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション 3時間SP」(後7・00)に出演。先月25日に乃木坂46が発売した「しあわせの保護色」の活動をもって同グループを卒業することを発表しており、Mステ最後の出演となった。

 アーティストのトップバッターとして登場し、自身がセンターを務めたヒット曲「シンクロニシティ」をメンバーと共に披露した白石。その後、Mステでの6年間・全34回の出演VTRが流れた。この映像に感慨深げな白石は、「懐かしい気持ちにもなりましたし、初登場の時はミュージックステーション出るってみんなで嬉しかったのを覚えていますね」と笑顔でコメントした。

 司会のタモリ(74)から「最後のパフォーマンスですけど、どうですか?」と振られると、「いやー、本当にたくさんお世話になったなという気持ちですし最後はみんなで、とにかく楽しくハッピーなパフォーマンスをお届けできるように頑張りたいと思います」。初めてのセンター曲「ガールズルール」、ラストシングル「しあわせの保護色」を立て続けに披露し、「ありがとうございました」と頭を下げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月3日のニュース