岡村隆史 志村さんから胸に刺さる言葉「ちゃんと作り込んだ笑いを」

[ 2020年4月3日 15:00 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 ナインティナインの岡村隆史(49)が2日深夜のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。新型コロナウイルス感染による肺炎ため70歳で亡くなったタレント・志村けんさんからの教えを明かした。

 初めての共演は自身の冠番組「ぐるぐるナインティナイン」に志村さんがゲスト出演してくれた時だったと明かし、「顔面オリンピックっていうのがあって…。そこに志村さんが来てくれて」と回顧。「僕なんかホンマ普通のファン。勝手にこっちがもう真似して、“アイーン”って。『それ、俺のだよ』みたいなのを言いながらやってくれはって」と懐かしんだ。

 その後、志村さんとプライベートでも親交を深めた岡村。志村さんとは2人きりで飲むことが多かったといい、その時の会話の内容は「本当にお笑いの話でしたね、ほぼほぼ」としみじみ。「よく言われたのは『ちゃんと作り込んだ笑いをちゃんとしなさいよ』と。『コントとかもちゃんとしっかりやっておかないと』と言われてました。もう天国に逝かれはった人の言葉やと思うと、なんかこう胸に刺さるなぁと思う」と続けた。

 さらに「『コントでも何でも、死に役ができなければダメだ』と。『何でもかんでも前へ前へっていうふうに出たらダメだ』と。『ちゃんと出るところと、引くとこは、ちゃんと理解しろ』と。『こういうコント、こういう座組になりました』と。その時に『ここは出てもいい。でも、出過ぎるな。引くところは引け。ここは死んどこう、と思うところは死んでおく。ちゃんと死に役ができる人でないと、俺は使わない』って」と数々の教えを振り返った。

 「そういうのを、焼酎飲みながら、2人でゴソゴソ、ゴソゴソ」と話したそうで「ホンマに、耳引っ付いてんのちゃうのかってぐらい。僕はだから声小さなったんも、志村さんも声小さかってん(から)。お互い、ボソボソ、ボソボソしゃべるから」と苦笑。「志村さんとかも、プライベートになると凄い声が小さかったから、それを聞きとろうとするので、多分、俺もどんどん近くなったんやと思う」と懐かしんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月3日のニュース