岡村隆史「だっふんだ」 志村さんのギャグ言い続ける 自身のお笑いは…

[ 2020年4月3日 12:04 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 ナインティナインの岡村隆史(49)が2日深夜のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。新型コロナウイルス感染による肺炎ため70歳で亡くなったタレント・志村けんさんへの感謝を語りつつ、志村さんのギャグを「これからも続けていきたい」と誓った。

 志村さんとは「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」など多くの番組で共演。プライベートでも「本当に可愛がっていただいた」という岡村。いまだに志村さんとの別れは「一番影響を受けたんじゃないかなっていうのが、志村けんさん」「本当にまだ実感もないし、できることなら、最後、お顔も見たかったです」と残念がった。それでも「いつまでも悲しんでると、志村さんも多分、なんかもう『もういいよ』って言わはるような人なんですよ」「このまま、こんな感じでちょっと明るくお話ししていきたい」と努めて明るく振る舞った。

 そんな中、自身のお笑いは「志村さんのコピー」だとし、「僕の中ではずっとこう残っていきます」と岡村。「このまま多分、僕も変わらないです。『アイツ、また志村のパクリしとんな』っていうふうに思ってもらっていい。志村さんもたぶん『いいよ』って言ってくれると。『もういいよ、それもうやるよ』って言ってくれると思う。だから、これからも僕は『アイーン』って言い続けますし。ことあるごとに『だっふんだ』『なんだチミは』って言いますし。それは自分の中で、あるもの。刻まれてしまっているものなんで、これからも言い続けたいと思います」と言い切った。「もしかしたら、志村さんが『もうやめろ』って言うかもわかりませんが、たぶん『いいよ』って言ってくれてると思って、これからも続けていきたいなと思う」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月3日のニュース