木村拓哉主演「BG」放送開始日を延期 新型コロナ影響で収録スケジュールに遅れ

[ 2020年4月3日 19:14 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日は3日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、16日に開始が予定されていた木村拓哉(47)主演連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)の放送開始日を延期すると発表した。コロナ問題で収録スケジュールに遅れが生じているという。新たなスタート日は未定。

 同ドラマは2018年に放送された同名ドラマの続編。前作では民間警備会社の一員として任務を遂行するボディーガードの姿を描いたが、今作では木村演じる主人公・島崎章が利益優先の会社を辞めて独立。個人対組織の戦いを描く。斎藤、菜々緒、間宮祥太朗らは続投。今作から新たに仲村トオル、勝村政信、市川実日子が出演することになっている。

 テレビ朝日はまた、新型コロナウイルス対策について「感染予防を最優先に考え、出演者やスタッフが多いなど、制作上、安全対策に一定の限界があると思われる番組に関しては、収録を一時休止する対応を取って参ります」と発表している。

 テレビドラマではすでにTBSが「MIU404」(金曜後10・00、当初10日スタート)「私の家政夫ナギサさん」(火曜後10・00、当初14日スタート)「半沢直樹」(日曜後9・00、当初19日スタート)の連続ドラマ3本の放送開始日を延期を発表。NHKも連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)と大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の収録を今月12日まで当面見合わせると発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年4月3日のニュース