女優・今村文美さん急逝 61歳 14日千秋楽「柳橋物語」おせん役が最後の舞台

[ 2019年12月23日 13:07 ]

 女優の今村文美(いまむら・あやみ、本名・宮崎文美=みやぎ・あやみ)さんが20日に死去した。23日、所属先の劇団前進座が発表した。61歳。東京都出身。

 
 前進座によると、今村さんは20日午前1時ごろ、自宅で息を引き取ったという。通夜は26日午後6時から、告別式は27日午前11時から、ともに東京都杉並区の光明院で執り行う。

 今村さんは1965年12月、新橋演舞場「五重塔」猪之松で初舞台を踏み、前進座付属養成所8期をへて、79年入座。現代劇、時代劇をはじめ、歌舞伎作品でも数々のヒロインを務めた。舞踊を母・藤間多寿氏に師事し、舞踊家・藤間多寿紫としても活躍。12月14日に千秋楽を迎えた「柳橋物語」のおせん役が最後の舞台となった。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月23日のニュース