かまいたち山内、王者ミルクボーイに「子々孫々まで誇り語り継ぎなさい」

[ 2019年12月23日 10:30 ]

かまいたちの山内健司(左)と濱家隆一
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「かまいたち」の山内健司(38)が22日、自身のツイッターを更新。出場ラストイヤーだった漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2019」で惜しくも準優勝に終わったが「見てほしいネタはできました」と率直な思いを記した。

 「応援してくれた皆さん、ありがとうございましたー」とファンへの感謝の言葉で切り出した山内は「負けましたが見てほしいネタはできました」と投稿。続けて「ミルクボーイ優勝おめでとうー」と優勝コンビを称えつつ「かまいたちに勝った事を子々孫々まで誇り語り継ぎなさい」と締めくくった。

 15代目王者に輝いたのは、結成13年目の「ミルクボーイ」。史上最多の参加5040組の頂点に立ち、賞金1000万円を獲得。ファーストラウンドでは「オカンが好きな朝ごはんの名前を忘れてしまい、コーンフレークかコーンフレークじゃないか」というネタでスタジオの爆笑を誘い、M―1史上最高得点となる681点をたたき出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月23日のニュース