赤井沙希、「ぺこぱ」の名付け親だった! コンビ名の由来も告白

[ 2019年12月23日 19:27 ]

赤井沙希
Photo By スポニチ

 元プロボクサーで俳優・赤井英和(60)の娘、タレント赤井沙希(32)が22日、自身のツイッターを更新。お笑いコンビ「ぺこぱ」の、名付け親であることを明かした。

 同日に行われた漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2019」で、初の決勝進出ながらも、最終順位3位と健闘したぺこぱ。

 そんなぺこぱについて、赤井は「前の事務所で一緒だった芸人さん」と関係性を明かした上で「コンビ名変えたいって話ししてて、その時に響きや文字の並びが可愛くて気に入ってた言葉で、いつまでもハングリー精神をって意味でぺこぱってのはどう?って…」とコンビ名を提案していたことを打ち明けた。

 「その事務所のお笑い班が解散になって、皆どうしただろうって思ってたら…まさかM-1で見れて決勝まで行くなんて!!」と驚きつつ「ぺこぱすごい!めちゃ面白かったし、カッコ良かった!私にとっては1番光ってたコンビ!!」と活躍を喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月23日のニュース