くも膜下出血で療養中のSHEILA 7カ月ぶりに近況報告「辛すぎて何もできなかった」

[ 2019年12月23日 16:40 ]

タレントのSHEILA
Photo By スポニチ

 5月末にくも膜下出血の緊急手術を受け、療養しているタレントのSHEILA(46)が、23日までに自身のインスタグラムを更新。約7カ月ぶりに近況を報告した。

 「辛すぎて何もできなかった」と切り出し、「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない。テレビのしご(と)もできない」とSHEILA。
 
 木登りする息子の後ろ姿の写真を投稿し、「いつの写真だろう。去年の夏か秋。朝ごはんか昼ごばん後の木登り。息子と。みんなごめんね」とつづった。

 この投稿にフォロワーから「謝らなくて良いんだよ」「リハビリ大変ですが頑張って下さい」「焦らずゆっくりね」「いつまでも待ってるから」「必ず元気になって戻ってきてください。陰ながら応援しております」など、多くの応援コメントが寄せられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月23日のニュース