大黒摩季「今日は日本一子だくさん」 離婚も「輝いていきたい」

[ 2019年12月23日 05:30 ]

サンタ姿で熱唱する大黒摩季(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 2003年に結婚した同い年の一般男性と今年4月に離婚していたことを21日付のスポニチ本紙が報じたロックシンガーの大黒摩季(49)が22日、都内で行われたイベント「東京グレートサンタラン」にゲスト出演した。

 大黒は本紙のインタビューに、子宮疾患と不妊治療と闘った結婚生活を告白し「子供を産めなかった罪の意識を抱えて生きていくより、彼の幸せを応援する方が楽だと思った」と話していた。この日は「今も仲良し。あちらは“一緒に生きていこう”と言ってくれたが、私は私の(違う)気持ちがあったのでお断りした」と話した。

 今後について「50歳になるので、50個の挑戦をしたい。さらに輝いていきたい」。その序奏とも言えるこの日のイベントでは「ら・ら・ら」などヒット曲を、壇上に上がった子供たちと合唱。「一人の子供の親にはなれなかったけど今日は日本一子だくさん」と晴れやかに話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月23日のニュース