城田優と久石譲の娘は義理のきょうだいだった ディズニー映画でも接点

[ 2019年12月24日 00:56 ]

俳優の城田優
Photo By スポニチ

 スタジオジブリの作品などで知られる作曲家・久石譲さんの娘で歌手・麻衣(40)が23日、日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」(月曜後9・00)に出演した。

 映画「風の谷のナウシカ」挿入曲ナウシカ・レクイエムを5歳の時に歌った麻衣は、海外留学を経て歌手デビュー。偉大な父の才能は受け継ぎ、コンサートではその美しい歌声に涙する人もいる。映画「ハリー・ポッターと死の秘宝PART2」のオープニング曲にもその歌声は採用され、国内、海外で活躍している。

 夫の丹羽大さんは、俳優・城田優(33)の兄。男3人女2人の家族の長男で、三男が城田となる。かつてディズニー映画「シンデレラ」の日本語版キャストに城田が選ばれ、「夢はひそかに」という曲を歌っているが、その日本語歌詞を麻衣が作詞していた。

 今年、麻衣は出産したばかりだが、音楽活動を継続。麻衣の仕事中は、夫が“専業主夫”として子供の面倒を見ている。麻衣は「彼が仕事をするようになれば、逆に私が子育てに専念することになる」。丹羽さんや城田の中には“家族は助け合うのが当たり前”という考えがその根本にある。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月23日のニュース