NHK放送総局長 BPO審議決定の番組に「審議には協力していきたい」

[ 2019年9月18日 16:16 ]

東京・渋谷区のNHK社屋
Photo By スポニチ

 NHKの木田幸紀放送総局長は18日の定例会見で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が審議入りを決めた昨年11月放送の「Inside Lens」について言及。「今後のBPOの審議には協力していきたい思います」と述べた。

 その上で「今回の放送事案を受けて放送現場には事実確認の強化など、再発防止を徹底するよう指示している。この再発防止策を着実に実施していきたい」と強調した。

 「Inside Lens」は、家族や恋人を演じる代行サービス業を紹介した国際放送番組。放送で登場した代行サービス会社の利用客の男女3人は、会社が用意したスタッフだった。BPOは放送倫理違反の疑いがあるとして審議する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月18日のニュース