久保九段VS豊島2冠で開幕 18日から王将戦挑戦者決定リーグ 藤井七段初出場

[ 2019年9月18日 05:30 ]

久保利明九段
Photo By スポニチ

 将棋の第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)挑戦者決定リーグは18日、大阪市の関西将棋会館で行われる久保利明九段(44)―豊島将之名人・王位(29)戦で開幕する。

 同リーグは昨期失冠した久保を含めシードの4人、予選勝ち上がりの3人の計7人が総当たり戦を行い、成績最上位者が来年1月に始まる7番勝負での渡辺明王将=棋王・棋聖=(35)への挑戦権を得る。

 今期のメンバーは初出場の藤井聡太七段(17)以外は全員が順位戦A級に所属しているばかりではなく、タイトル保持者または経験者。「将棋界で最も過酷」と評される戦いは、11月19日の最終一斉対局まで2カ月にわたって繰り広げられる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月18日のニュース