鈴木奈々「家賃6万円」茨城生活を続けるワケ 小藪「死ぬほど金が…」

[ 2019年9月18日 10:16 ]

タレントの鈴木奈々
Photo By スポニチ

 タレントの鈴木奈々(31)が14日放送のAbema TV「さよならプロポーズ」(後10・00)に出演。地元茨城に住み続けている理由を明かした。

 2014年に茨城県在住の一般男性と結婚。現在は「茨城の家賃6万円のマンションに住んで、電車で(仕事先に)通っています」という。

 「こっち(東京)に家があった方が楽だなとは思うんですが。旦那を拠点にしたくて、茨城を拠点にしたくて」と、県内の工場に勤務する夫に合わせての夫婦生活。「そっちの方が私も気持ちが楽ですし、それが心地いいです」と、このライフスタイルが自分に合っていると話した。

 鈴木の話に耳を傾けていたMCの小籔千豊(46)は「言うてる意味は分かります」と納得の表情。それでも「ただ、(鈴木は)死ぬほど金が貯まってます」と続けると、鈴木も大笑いで否定していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月18日のニュース