「東野幸治の宇宙科学特捜隊」わかりやすく科学の疑問を解説

[ 2019年9月18日 14:57 ]

ABCテレビの特番「東野幸治の宇宙科学特捜隊」に出演の東野幸治(左)、増田紗織アナウンサー
Photo By 提供写真

 ABCテレビの特番「東野幸治の宇宙科学特捜隊」(21日後3・00、関西ローカル)はMC東野幸治(52)とパネラーの的場浩司(50)、ゆきぽよ(22)、銀シャリ・鰻和弘(36)、橋本直(38)らが専門家を招いて宇宙科学を探求する。

 タイムトラベルや宇宙旅行、4次元ポケットにテレポーテーションなど、誰もが一度は憧れた夢の技術。そんな不思議なアレコレを、隊長・東野率いる宇宙科学特捜隊が科学の力で解明する科学スペシャル番組。宇宙科学特捜隊の秘密基地にやって来た的場司、鰻と橋本、ゆきぽよの4人に、わかりやすく科学の疑問を解説する。

 「人はなぜ宇宙を目指すのか?」。この疑問には、宇宙科学特捜隊が誇るカシコ隊員のジャニーズWEST・中間淳太(31)がJAXA(宇宙航空研究開発機構)を訪ね、宇宙開発の最高峰でその謎に迫る。「スペースドーム」では、今年、小惑星のリュウグウに着陸し、世界初のミッションに成功した小惑星探査機「はやぶさ2」の実物大モデルや、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の実物大モデルを見学。また、大阪大大学院・佐伯和人准教授(52)がJAXAの様々な月探査プロジェクトを解説。宇宙を目指す3つの目的を紹介する。

 人類はこぞって宇宙を目指すが「宇宙には何があるのか?」。中間隊員が国立天文台を訪れる。日本の宇宙研究の中枢であり、太陽系から宇宙の果てまで研究している施設。中間は宇宙の全体像を3Dで見ることのできる「4次元デジタル宇宙シアター」を体験。他にも高次元の存在を探る。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月18日のニュース