太田裕美乳がん公表 すでに手術「治療しながら歌っていく、ということを選択しました」

[ 2019年9月18日 15:38 ]

歌手の太田裕美
Photo By スポニチ

 「木綿のハンカチーフ」などのヒット曲で知られるシンガーソングライター・太田裕美(64)が18日、乳がんを患い手術を行ったことをブログで公表した。

 「大切な報告」と題して記事を更新した太田は「突然で驚かれると思い、なかなか公表出来ませんでした。乳癌に罹患しました。すでに7月の京都のコンサート後に手術をし、8月から抗癌剤治療に入っています」と報告。「休養をとっての治療の選択もありましたが、来春までのスケジュールが決まっていましたし、11月にはデビュー45周年の大きなイベントも控えてましたので、あえて、治療しながら歌っていく、ということを選択しました」と活動を継続しつつ治療を受ける方針を明かした

 病気になって初めて知る“気づき”がたくさんあるとした太田。「神様はまた新たな試練を与えて下さってるんだ、と現実をしっかりと受け止めつつ、今まで通り、朝起きてご飯作って洗濯して掃除して、十兵衛と散歩して、歌を作り歌っていく、そんな日々の営みを大事に続けていこうと思っています」と前向きに記し、「これからもまごころ込めて歌っていきます。今までと変わらず、太田裕美の音楽を愛し、応援していただけることを心から願っています」と結んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年9月18日のニュース