山口智子、夫・唐沢寿明は「下町の昭和の親父」 地元でのあいさつは「なんだお前バカ野郎」

[ 2019年9月18日 11:06 ]

山口智子
Photo By スポニチ

 女優の山口智子(54)が17日、テレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演。夫で俳優・唐沢寿明(56)の意外な素顔を明かした。

 MCの黒柳徹子(86)から「唐沢さんは普段はどういう方なんですか?」と問われると、「下町の昭和の親父ですね」と山口。「テレビで小出しにしてるので、世の中にはバレバレですが、北野武さんと近いんじゃないですかね、出身の地域が。だから『こんにちは』っていうあいさつの代わりに『なんだお前バカ野郎』『お前相変わらずバカだな』っていう地域だったんですって」と言い、雰囲気を「THE昭和の親父」と表現した。

 黒柳が「お顔はハイカラな感じ」と唐沢の印象を述べたが、山口は「ハイカラですか?」と苦笑。「中身はとことん武さんの弟子的な。『自分の先輩が毒蝮三太夫さんだ』って、それが彼の自慢みたいですね」。これを受け、黒柳が「じゃあ、おばあさんみたいな人を大事に?」と聞くと「大事にするというか毒舌で、『このババア生きてんのか』的な思いやり。あの系統です」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月18日のニュース