ミッツ メーク落とした素顔は“徳光系” 芸名の由来も明かす

[ 2019年9月13日 14:17 ]

タレントのミッツ・マングローブ
Photo By スポニチ

 タレントで女装家のミッツ・マングローブ(44)が13日、テレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演し、現在のキャラクターに至った経緯を明かした。

 ミッツの父方の伯父はタレントで名司会者の徳光和夫(78)で、芸名は徳光の「光」から命名したという。母親は若いころ、コピーライターとして活躍していた「先進的」な女性で、結婚して家庭に入ってからも化粧することを忘れなかったという。「私が起きると、きれいに化粧をしていて、寝ている時以外、化粧していない顔を見たことがない」。そんな環境で育ったミッツは自然と化粧をすることを覚えたそうで、「女装家の“あるある”なんですけど、化粧をすると母親系、化粧を落とすと父親系なんですよ」と“素顔”を告白した。

 幼い頃から音楽に囲まれた家庭だったそうで、BGMのようにビートルズやダイアナ・ロスら曲を聴いて育った。ある日、母親の膝に乗って黒柳が司会を務める「ザ・ベストテン」を見ていると、黒柳の「今週の第1位!ツイスト あんたのバラード!」の言葉とともにボーカルの世良公則が気張る声がした。同時に、母親に陣痛が起きて、そのまま病院へ。その夜、無事に弟が誕生。「ホント、鮮明に覚えています」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年9月13日のニュース