松本人志「クレイジー」休止発表後初投稿「一生懸命なのは知ってる」「番組の性質上ウソだとしたらアカン」

[ 2019年9月13日 17:37 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 「ダウンタウン」の松本人志(56)が13日、自身のツイッターを更新した。TBSが人気バラエティー「クレイジージャーニー」(水曜後11・56)において不適切な演出があったとし、11日に番組の“当面休止”を発表してから初めてのツイート。

 同番組のMCを務める松本は「こういう時オレはスタッフをあまり責める気になれなくてねー。一生懸命なのは知ってるしねー。でも番組の性質上ウソだとしたらアカンなー」とつづった。

 TBSの公式サイトによると、同番組は「独自の視点やこだわりを持って世界&日本を巡る“クレイジージャーニー”たちがその特異な体験を語る、伝聞型紀行バラエティー」で、「独自の目線や強いこだわりを持って世界や日本を巡る人々(=クレイジージャーニー)がスタジオに集結し“その人だから話せる”“その人しか知らない”常人離れした体験談を語る」としている。

 2015年元旦に放送され、同年4月から深夜でレギュラー化された。司会は「ダウンタウン」松本人志(55)「バナナマン」設楽統(46)女優の小池栄子(38)が務め、これまでDVDも8本が発売されている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月13日のニュース