桂文枝 よしもと大笑い祭りで「歴史とパワーを見て」 西川きよし「消費税が上がる分以上の笑いを」

[ 2019年9月13日 15:00 ]

「よしもと大笑い祭り」をアピールする桂文枝(前列左から4人目)、西川きよし(同5人目)ら
Photo By スポニチ

 落語家・桂文枝(76)、西川きよし(73)らが13日、大阪・森ノ宮のCOOL JAPAN PARK OSAKAで、10月21、22日に同劇場などで行われる「よしもと大笑い祭り」の発表会見に出席した。

 落語や漫才、吉本新喜劇はもちろん吉本の若手芸人が出演する番組との連動企画や、午後11時開演のオールナイトライブなど盛りだくさん。

 文枝が「吉本の今までの歴史とパワーを見て頂きたい」と力を込めれば、西川も「イベントが行われるころには消費税が10%になっています。消費税が上がる分以上の笑いを届けたい」と話した。

 出演番組との連動企画で、番組対抗のゲームバトルに出演する漫才コンビ「アキナ」の山名文和(39)は「せっかくNMBの人たちも出てくれるので乳首相撲やりたい」と笑わせると、NMB48の小嶋花梨(20)らは「他のアイドルとは違って何でも挑戦します!」とやる気!?を見せた。

 イベントはCOOL JAPAN PARK OSAKAの3劇場やなんばグランド花月、よしもと祇園花月などで行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年9月13日のニュース