「なつぞら」声優・沢城みゆき 異例の顔出しドラマ出演「オンエアが恐ろしく…」若手女優役でソラの声も

[ 2019年9月13日 08:15 ]

連続テレビ小説「なつぞら」第143話。朝ドラ初出演した沢城みゆき。“顔出し”ドラマ出演は非常に珍しい(C)NHK
Photo By 提供写真

 テレビアニメ「ルパン三世」の3代目・峰不二子役、「ゲゲゲの鬼太郎」の5代目・鬼太郎役などで知られる声優の沢城みゆきが13日放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)第143話に登場、朝ドラ初出演を果たした。沢城の“顔出し”ドラマ出演は非常に珍しい。

 女優の広瀬すず(21)がヒロインを務める節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(52)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。

 沢城が演じたのは、十勝を舞台に、なつたちが制作した劇中アニメ「大草原の少女ソラ」の主人公ソラの声を演じる若手女優・白本知香子役。オーディションに参加し、声優初挑戦ながらソラ役を射止めた。

 沢城は「本当に当時の名作にタイムスリップして声をあてているような不思議な感覚でした。視聴者の皆さまにも、今のアニメとはまた違った…雰囲気が伝わったらいいなと願っているところです」とアフレコの感想。

 “顔出し”出演については「目の前の壁の大きさを自覚できている時に緊張ってするものなのかと、ハッとしました。何をしたらよくて何ができていないのかも分からないと、驚くほど心臓は通常営業…!!個人的にはオンエアが恐ろしくて仕方ありませんが、…とにかく、もう声優としてソラ役をきちんとやり切ることだけ考えて臨みました」と振り返った。

 「なつぞら」には戸田恵子、山寺宏一、高木渉、田中真弓ら本職の声優が出演したが、沢城も「Japanimationとまで言われるようになった今のアニメのスタートを切ってくれた偉大な先輩方。彼らの想いを伝える作品に参加させていただけたこと、心からうれしく思っています」と喜んでいる。

 また、昨年後期のNHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインを務めた女優の安藤サクラ(33)は「大草原の少女ソラ」のナレーションを担当。この日も「まんぷくヌードル」が登場した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月13日のニュース