谷川浩司九段“ひふみん超え”歴代単独3位の公式戦通算1325勝

[ 2019年9月13日 05:30 ]

谷川浩司九段
Photo By スポニチ

 将棋の谷川浩司九段(57)は12日、大阪市の関西将棋会館で指された第78期名人戦順位戦B級1組で松尾歩八段(39)を破り、加藤一二三・九段(79)を抜いて、歴代単独3位の公式戦通算1325勝目(853敗)を挙げた。

 1位は羽生善治九段(48)の1443勝(596敗)で、2位は故大山康晴15世名人の1433勝(781敗)。谷川は8月17日の対局に勝ち、加藤九段と並ぶ1324勝目を挙げていた。

 その後、同22日の順位戦で行方尚史八段(45)に敗れ、さらに今月1日の大阪王将杯王将戦2次予選3組決勝、藤井聡太七段(17)にも敗れて挑戦者決定リーグ入りを逃しただけでなく“ひふみん超え”も足踏みしていた。

 1976年、中学生の時にプロ入りし、83年に最年少の21歳で名人となった。トップ棋士として長く活躍し、タイトルは歴代4位の通算27期獲得した。2012~17年、日本将棋連盟の会長を務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年9月13日のニュース