前澤氏一問一答 借金は「宇宙への渡航チケットに」

[ 2019年9月13日 05:30 ]

見ぶり手振りを交え話をする前澤友作氏(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)は12日、創業者の前澤友作氏(43)が同日付で社長を退任した。ヤフーからの買収案を受け入れ、同社の傘下に入ることが決まったのを機に前澤氏が決断。後任には取締役の沢田宏太郎氏(48)が昇格した。都内での会見にはヤフーの親会社ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(62)も登場し、劇的買収について語った。

 【前澤氏に聞く】

 ――今の率直な気持ちは。
 「まだ実感が湧かない。社員が一喜一憂を浮かべる顔を見ると胸が締め付けられた」

 ――新事業の構想は。
 「全然決まっていない。困っている人を助けたい」

 ――宇宙は新事業に生かされるのか。
 「何があるか行ってみないと分からない。だからこそ挑みたい」

 ――今後はコメンテーターという道も。
 「チャレンジが好きなんで声を掛けていただければ検討できる」

 ――辞任はいつ決めたのか。
 「9月に入ってから2週間くらいの決断」

 ――発行済み株式の二十数%が抵当権に入っている。借金は何に使ったのか。
 「現代アートや宇宙への渡航チケット。資本提携と借金は全く関係ない」

 ――担保の金額は2000億円以上。現代アートや月のチケットでは計算が合わない。
 「なんで僕が買ったものを全部言わなきゃいけないんだって話」

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2019年9月13日のニュース