とろサ久保田 吉本は「変わると思う。変わらないのであれば…」

[ 2019年7月31日 15:40 ]

「とろサーモン」久保田かずのぶ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とろサーモン」の久保田かずのぶ(39)が31日、テレビ朝日「ワイド!スクランブル」(月~金曜前10・25)に生出演。詐欺グループへの闇営業問題に端を発した吉本興業の一連の騒動について持論を語った。

 久保田は「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)の謝罪会見について、「笑かす人が泣くっていうのが、すごいハートが痛かった。つらかったですね」と神妙。一方、吉本興業の岡本昭彦社長(52)の会見については「吉本の芸人は“えーっ”ってなった人が多いと思う。(岡本社長は)芸人さんではないので、しゃべりっていう部分に関しては伝わらない部分もある」と振り返り、理解を示した。

 さらに、「マネジメントという部分で、芸人さんとつながりやすくなったらいい。10組、15組を1人のマネジャーが担当したりしている。マネジメントの人たちを増やしてもらえたら、みんな動きやすい」と指摘。今後、会社が変わると思うか問われると「変わると思います。変わらないのであれば、芸人なんてすぐにみんなやめるでしょう。前向きな対応をしてもらっているっていうのが今はある」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月31日のニュース