爆問・太田、芸能界干された時代“心にしみた”松村邦洋の一言「丸くなりましょう」

[ 2019年7月31日 13:04 ]

「爆笑問題」太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(54)が30日深夜放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演。事務所独立がきっかけで芸能界を干されていた時期に、タレント松村邦洋(51)から掛けられた“心にしみた”言葉を明かした。

 この日ゲスト出演した松村と、爆問が所属していた太田プロを辞めた際のエピソードについてトーク。独立は当時のマネジャーにそそのかされた背景もあったが、結局は芸能界から干される形になった。

 「その時、俺らが仕事ないときに、俺は家で腐ってたんだよ」と太田。そんな時でも松村だけが電話をしてきてくれたという。「心配して、優しいから。でも『太田さん、次、こういうネタできたんですけど、聞いてもらえますか?』って、延々」と、松村はあえて自身の仕事について語っていたという。

 そんな中、「松村君がその時に一回だけ『太田さん、仕事を選ばないで下さい』って、マジなトーンで言ってきた」。ほかにも「丸くなりましょう」とも言われたとし、「あれで俺ね、ズシーンときて。俺がいかに調子に乗ってたかっていうのが、その時に全部分かった」と、自分を見つめるきっかけになった、心に響いたフレーズだったと振り返った。

 「『練習を聞いてください』って体(てい)で、実は俺を心配して電話してんだっていうのが、全部その時、その一言で分かったんだよ」。その後、松村は、セクシーメイツとコントをやっている爆問の2人をテレビで見たとし「『ああ、仕事選ばないんだなぁ』って。コント自体は、僕もヒドイなって思ったけど」とぶっちゃけるなど、厳しかった当時の出来事を笑いに変えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月31日のニュース