ナイツ、巨人・元木コーチに感謝 吉本騒動ネタ前に緊張も「どんどんやっちゃえよって」

[ 2019年7月31日 20:13 ]

お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(左)と土屋伸之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナイツ」が31日、日本テレビ系「プロ野球 巨人―広島」(水曜後7・00)の副音声放送に出演。プロ野球の球場で披露した、吉本興業の騒動をネタにした漫才の舞台裏を明かした。

 23、24日の巨人―ヤクルト戦(京セラドーム)の試合前にグラウンドで漫才を披露。闇営業問題を連想させる「時事ネタ」で笑いに包んだ。

 塙宣之(41)が「今日の岡本に注目しています。昨日会見はグダグダだったから」というボケに、土屋伸之(40)が「岡本違いだろ」と吉本興業・岡本昭彦社長の名前を挙げてツッコみ、「岡本は年俸が半額になった」「それ社長の方だよ」とネタに。塙は「山口投手は流すだけで140キロ出る。左から右に受け流すだけで」とムーディ勝山など、謹慎処分を受けた芸人の持ちネタを連発した。

 この日の副音声には「KAT-TUN」亀梨和也(33)と出演。先週のネタが話題になっていると振られた塙は「僕のダークセールが…」と反応。土屋が「闇営業を英語で言うんじゃないよ」と突っ込み、笑いを誘った。

 先週のグラウンド漫才を振り返ると、塙は「京セラで僕たちもめちゃめちゃ緊張していたんですが、わざわざ元木コーチが声を掛けにきてくれて“どんどんやっちゃえよ”って。あれで随分助かりました」と明かし、巨人・元木大介コーチ(47)の気遣いに感謝していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月31日のニュース