加藤浩次 五輪チケット追加抽選に不満あらわ「お偉い人が言うと…」

[ 2019年7月31日 08:53 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が31日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に生出演。20年東京五輪観戦チケットの追加抽選について言及した。

 6月20日に結果が発表された1次抽選販売で全て外れた人向けに、8月8日から追加抽選を設けるほか、秋には2次抽選販売を行う。予定していた先着順販売は行わない。追加抽選では1次販売で1枚でも当たった人は除外されるため、不公平感を生まないよう申し込めるのは1セッションのみ。販売対象のチケットは1次販売で倍率が1倍以下だったチケットと、当たっても購入されなかったチケットの一部。開閉会式や人気競技の決勝などのメダルセッションは原則として含まれない。また、第1希望の競技を2つ選んでしまうと自動的に落選となってしまう。

 これを受け加藤は「いっそのことさ、全部2次抽選にしちゃえば。こんな中途半端なことやんないでさ」と不満をあらわに。続けて「お偉い人がそういうこと言うと(その通りに)動かないといけないみたいなのがあるのかな」と組織委員会への疑問も呈した。

 秋の2次抽選では開閉会式や人気競技のチケットも含まれることが紹介されると「俺もここ(2次抽選が)勝負かな。俺、ここ勝負」と述べ「2つ(第1希望を)押してファールとか言われても嫌ですし」と自動的落選についても言及した。

 それでも、水卜麻美アナウンサー(32)に「やってみましょうよ。私もやれるものは全部やってみますよ」と呼びかけられた加藤は「俺…やってみるか!」と最後は笑いながら宣言していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月31日のニュース