朝乃山が初V&58年ぶり三役経験なし平幕V 大相撲14日目19.2%の高視聴率

[ 2019年5月27日 10:27 ]

大相撲夏場所14日目、大関・豪栄道(左)を寄り切りで破った朝乃山
Photo By スポニチ

 西前頭8枚目の朝乃山(25=高砂部屋)が初優勝を決めた25日の大相撲夏場所14日目を生中継したNHK総合の平均視聴率(後3・05)は19・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

 朝乃山は大関・豪栄道を寄り切って2敗を守り、ただ一人3敗だった横綱・鶴竜が結びで関脇・栃ノ心のはたき込みに敗れ、千秋楽を待たずに決まった。平幕力士の優勝は昨年初場所の栃ノ心以来30人目(1949年夏場所の15日制導入前も含む)で、三役経験がないままの優勝は61年夏場所の佐田の山以来58年ぶりの快挙。令和初の本場所で新たなヒーローが誕生した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月27日のニュース